Jumble Order(ジャンブルオーダー)

Jumble Order(ジャンブルオーダー) 


ゲームマーケット2018秋(11/24)向けの事前予約はこちら(11/22まで受付中)

歴史は繰り返す。予期せぬ順番で。

ゴブリン、エルフ、デーモン、ドラゴン、そして人間たち。
異なる血を引くものたちは互いに勢力争いを続けていましたが、遂には互いに手を取り合い、共存の道を選びました。彼らは種族の垣根を超えて利害を共有し、新たな国を作ります。
されど…生きとし生けるものの歴史は争いなくしては語れません。 「血」ではなく「利」で団結した小国がいくつもできれば、またすぐに戦争が始まるでしょう。
人間が人間に、ゴブリンがゴブリンに、刃を向ける戦争が…

「Jumble Order(ジャンブルオーダー)」は自分の国(デッキ)に様々な種族を組み込みながら、戦争に勝利し、領地を得て、国を発展させていく「デッキ構築型ゲーム」です。上手にデッキを作り、見事なカードの組み合わせで、偉大な領主を目指しましょう。
但し、種族のるつぼとなる国をコントロールするのは簡単ではありません。
デッキからどの順番でカードが飛び出すかわからない「Jumble Order(ジャンブルオーダー)」を制するには「緻密な計画」と「柔軟な判断」、更にはそれらを「凌駕する幸運」が必要です。



 ルール概要


参戦、撤退、そして新たな仲間。運と知略で名をあげろ!
プレイヤーボード(人間)

自らの担当するプレイヤーボードとデッキを受け取った各プレイヤーは、「国庫」「領地」「伝承」の3つのステータスをやりくりしながら、毎ラウンド発生する戦争に参加、特には撤退しながら自分のデッキを強化していきます。

メインフェイズで自分の場にカードを並べたら、次の戦争フェイズではカードの戦力を合計して他のプレイヤーと比較し、勝者を決定します。勝利することで領地を得て、建物を建てれば、それが自らの功績(得点)につながるでしょう。

戦争に勝っても負けても、購入フェイズでは新たなカードをデッキに加えます。場に出したカードがたくさん金貨を持っていれば強力なカードを購入することができるでしょう。領地を使って功績となる建物を買うこともできます。


Check1  < 「予期せぬ順番」で登場するカードたち>

撤退のイメージ図「ジャンブルオーダー」は、自分の場にカードを並べる方法が特徴的です。 手札からカードを選ぶことはなく(そもそも手札がありません!)、デッキの上からめくった1枚を直接場に出すのです。
各プレイヤーが1枚ずつカードを場に出すことを4回繰り返し、それぞれ4枚のカードで戦争をすることになります。しかし勝機が薄い局面も往々にして現れるでしょう。そんな時はカードを出す代わりに戦争を放棄して撤退を選ぶことができます。撤退すると戦争には参加できませんが、購入フェイズで有利になったり、国庫を増加させることができます。


Check2  <目指せ「条件文」成立!>

ジャンブルカード見本(隊列兵)このゲームに登場するカードは、そのすべてが特殊な効果を持っています。場に出したときに恩恵を与えるもの、戦争に勝つことで功績を得られるものなど、その効果は多用で、様々な組み合わせのデッキを組むことができます。

その中でも特徴的なのが「条件文」です。
例えば初期デッキにある隊列兵というカードには「連番」の条件が付いています。連番はカードの戦力がポーカーでいうところのストレート状態(順不同)であることを意味しており、隊列兵はこの条件を満たした場合に戦力や国庫が増えるカードです。
他にも場に4色のカードが揃っていることで強力になるものや、特殊な条件文を持つカードもいます。

基本的にはデッキの一番上からカードを場に出すため、条件文の成立は一見して運否天賦に見えます。しかし、カードの並びを操作できる特殊効果「先読み」を活用したり、そもそも条件が成立しやすい比率でデッキを組んでいくことで、成立のハードルは下がっていくことでしょう。

ジャンブルカード見本(ゴブリンの襲撃隊) ジャンブルカード見本(生贄選び) ジャンブルカード見本(エルフの義賊) ジャンブルカード見本(ストームドラゴン)

好戦的なゴブリン、商売上手なエルフ、不思議な力のデーモン、とにかく強力なドラゴン。
それぞれの種族の特徴と効果をとらえて、最強のデッキを目指してください。


Check3  <標準・追加・上級の3つのカードプール>

購入フェイズでデッキに組み込めるカードたちを「ジャンブルサプライ」と呼び、ラウンドの流れとともに随時変化していきます。(ゲームを通していつでも購入できる「基本サプライ」もあります。)
ここに登場するカードは、ゲームの習熟度によってある程度選択することができます。
カードプール3種の例
アイコンマーク画像 標準カード(黒いJのアイコン):全てのゲームで使用するカードです。
追加カード(雷マーク付きのアイコン):4人プレイ時に使用し、3人以下では好みで拡張のように使えるカードたちです。
上級カード(炎マーク付きのアイコン):追加カードの代わりに使用できる拡張的なカードです。新たな戦略の扉が開きます。

例えるならば、最初から拡張カードが同梱されているのが「ジャンブルオーダー」です。個性的なカードたちも相まって、繰り返しやり込めるようになっています。トレーディングカードゲームのようにデッキを組みながら、重量級ボードゲームのように状況に合わせて立ち振る舞う。そんな濃厚な世界を心行くまでご堪能ください。



 ゲームデータ

  • プレイ人数   2~4人
  • プレイ時間   60~90分程度
  • イラスト    井上 磨 、 長谷川 登鯉
  • 販売価格    \4,000(予定)


 コンポーネント

    now printing
  • ユニットカード        152枚
  • プレイヤーボード        4枚
  • 各種タイル          13枚
  • 各種チップ          50枚
  • ルールブック(日本語)     1冊
  • 効果説明書(日本語)      1冊


 ルール動画





マニュアルダウンロード