The Majority

The Majority  


魔界の永田町、「暗黒議会」へようこそ!

プレイヤーは賄賂や暗殺が飛び交う魔界の国会・・・暗黒議会の政党を担当します。
しかし、ゲームの目的は正しく政治を行うことでも、与党になることでもありません。
政界という権力を笠に沢山の泡銭を得ること。ただそれだけです!

The Majority:外観 プレイヤーはより盤石に荒稼ぎをするため、パートナーと連立政党となり、 敵対する連立と戦います!(つまりペア戦です!)
このゲームでは最も権力を持つ第一党よりも、そのあとに第二の政党が多くの泡銭を稼ぐことは珍しくありません。とはいえ、権力が金につながるという事実は揺るぎませんから、多くの議員に息をかけ、パートナーと息を合わせることが大切です。

賄賂・暗殺・裏切り。なんでもありの暗黒議会で貴方はどれだけの金を手にすることができるのでしょうか。



 ルール概要


パートナーと息を合わせよ!異色ペア戦!

The Majority:プレイ中 ゲームは4期(4ラウンド)で構築され、プレイヤーはそれぞれが政党を担当し、自らの権力のために議員(魔女・悪魔)を集めます。
ゲーム中はテーブルの反対側に座っているプレイヤーと連立政党を組み、ペアとなり、合計でいくら儲けたかを相手ペアと競います。

各ラウンドは以下の3フェイズに分かれています。


【人選フェイズ:ドラフト】
前のラウンドで減った手札を補充した後、ドラフト形式でカードを廻して 次のフェイズに使う手札を改めて決めます。
(手札からカードを一枚選んで自分のものとして裏向きで手元に置き、残りの手札を左隣のプレイヤーに渡します。 全員が同時にこれを行います。その後、右隣から回ってきた手札からさらに一枚をとり、左隣のプレイヤーに渡します。 これによって回っている手札がなくなれば人選フェイズは終了です。 手元には最初の手札とおなじ枚数のカードあるはずです。これが次のフェイズに使う手札となるのです。)


【出席フェイズ:カードのプレイ】
その後、人選フェイズで決まった手札から、出席する議員カードを1枚選んで、自分の前に裏向きにおきます。 全員が選び終わったら、それらを全て公開し、出ているカードの特殊効果を解決します。
たとえば「2」のカードは他のカードを暗殺し、 「7」のカードは自分の政党を裏切って他のプレイヤーのもとに行ってしまいます。これらの特殊効果を持つカード使い方が重要です。
その後、自分が出したカードを取り札として自分の前に並べます。 あとで計算がしやすいように、色別に並べておきましょう。 また特殊効果に影響されるため、必ずしも出したカードを獲得できるわけではありません。
これを手札が残り1枚になるまで繰り返して、出席フェイズは終了です。


【議会フェイズ:得点計算】
それぞれのプレイヤーの前に並んだ議員カードの発言力を色ごとに合計して、多くの発言力を持っているプレイヤーはお金(得点)を得ます。
議会フェイズによるお金の獲得判定はすべて「色別」に行われます。 それぞれの色について・・・
最も発言力をかき集めたプレイヤーは2金を無条件で獲得し、 2番目に発言力を集めたプレイヤーは「最もかき集めたプレイヤーの発言力合計÷5」のお金を獲得します。
トップ発言力が低すぎると1金にもなりませんが・・・必ずしもトップが良いわけではありません。ラウンドがおわっても取り札となった議員は残り続け、総発言力はどんどん増えていくので、寧ろ、2位のプレイヤーのほうが多くのお金を手にすることになるでしょう。
そして・・・同率トップがいたときには・・・・・


これらのフェイズを4ラウンド繰り返してゲームは終了。2人合わせてよりお金をかき集めたペアが勝利します!



 ゲームデータ

  • プレイ人数   3~4人(推奨4人。3人は個人戦になります。)
  • プレイ時間   60分程度
  • イラスト    朱家
  • 販売価格    2,500円


 コンポーネント

The Majority:コンポーネント
  • 議員カード   72枚
  • お金チップ   150金分
  • 密偵マーカー  1個
  • ポイントカード 15枚




 初版からの変更点


「The Majority」は2008年秋の発表の後、2011年春にリメイク版を作成しました。
徐々に内容が変化しておりますので、現バージョンとの変更点をここに記載します。

The Majority:説明書   1.箱を強度の強いものに変更しました。
    (2009年春)
  2.特殊効果の解決に関するルールを一部変更。
    複雑な処理が少し減り、解り易くなりました。
    (2011年春)
  3.計算に便利な「ポイントカード」が追加で入りま
    した。(2011年春)
  4.カードイラストが新しくなっています。
    (2011年春)
  5.説明書デザインが変更されました。(2012年春)


 ルール動画




 外部レビュー


「The Majority」を既にプレイされている方のレビューになります。
リンクのご了承を頂いてるサイト様のみの記載とします。


レビューなどを書いて頂いているサイト様の中でリンク可のサイト様が御座いましたら、フォームよりご連絡いただけると幸いです。